自然・環境保全を考慮した設計や調査を行います

道路計画部・防災地質部(河川環境室)
主な受注実績
PDF版は右のアイコンをクリック

居辺本別線 地局184局改工事実測・実施設計

  • 受注年:平成11年度
  • 発注先:帯広土木現業所
  • 契約額:16,679千円
  • 工事区間に現存する自然環境(貴重な動植物の生息の有無・可能性等)に対する事前調査を実施。
    調査において着目すべき生物が確認され、今後の詳細な調査を提案。

主要道道静内中札内線 静内町 コイボク道路擁壁設計業務

  • 受注年:平成13年度
  • 発注先:室蘭開発建設部
  • 契約額:7,664千円
  • 野生動物(鹿、イモリ、カエル等)の交通事故防止を目的とし、自然・環境保全を考慮した道路(エコロード)の設計。経済性・施工性の他、植生工法や動物への影響についても検討。

岩内洞爺線 道路改良工事道路概略設計

  • 受注年:平成13年度
  • 発注先:小樽土木現業所
  • 契約額:13,302千円
  • ニセコ積丹小樽海岸国定公園の第2種・第3種特別地域内を通過し、ニセコ連峰を横断する山岳道路(L≒13km)の概略設計。工事中、供用後を含めた周辺地域の自然・環境保全に配慮したルート選定を実施。

幕別帯広芽室線 改良工事実施設計

  • 受注年:平成14年度
  • 発注先:帯広土木現業所
  • 契約額:10,800千円
  • 道路改良が、動植物(エゾサンショウウオ、ケショウヤナギ等)に与える影響を予測・評価。
    自然・環境保全対策(ミティゲーション)を検討しルート選定を実施(延長10km)。

支湧別川 砂防工事(環境調査)

  • 受注年:平成20年度
  • 発注先:網走土木現業所
  • 契約額:9,050千円 支湧別川とその支流に設置されている砂防ダム周辺における自然環境調査業務。調査対象生物は、植物、哺乳類、両生類、魚介類である が、これ以外の重要種についても記録。

知内川 道単改修工事(特対)河道調査設計委託

  • 受注年:平成21年度
  • 発注先:函館土木現業所
  • 契約額:3,500千円 知内川の現況断面、河畔林の繁茂状況の調査を行い流下阻害となる原因を把握し、治安の安全対策を計画する業務であり、この基礎資料と して環境調査(魚類、鳥類)を行い対策計画に反映。

人材育成

  • (一財)全国建設研修センター「環境アセスメント研修」へ技術者派遣
  • 北海道土木技術会道路研究委員会加盟により各種研修会へ技術者派遣
  • 技術士31名、RCCM44名

品質保証

  • 平成11年9月 ISO9001認証

所有ソフトウェア

  • 汎用CAD V-nas Clair(3D-CAD)(川田テクノシステム株式会社) 電子納品・SXF対応